忍者ブログ
いつかどっかに移籍して「 」3になるかもしれない....。
俺の本棚...てかCD棚
コレを聴け!見ろ!
メール

[410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてさて今日も行くぜ。
松トークでいきましょう↑Heart&Soul↑

今日の曲は「白鳥の湖(feat.Kinubo)」です。
ベタなクラシックにエレキを交え、更にはKinubo氏と言う正体のよく解らないラッパーをフューチャーした曲なわけですが俺ってば去年の年末まで聞いたことありませんでした。

手元にはずっとあったんですがCD入手→即PCに取込を繰り返してた俺にはイマイチ興味の沸かないタイトルでした。


「白鳥の湖」=俺にはあるイメージがありました。
それは…

チュチュを着て股間から白鳥の頭の伸びた白タイツの志村けん師匠

でした(笑
ただでさえインスト曲が退屈なうえクラシックなんて眠たいと思っているのに=志村師匠の曲は…と敬遠気味でした。


それが一部の方には有名な?趣味のCD作りの際になんか良いインスト曲ないかな?と思ってて聴いたのが昨年末。


もう驚いたね。感動したね。
あんなにカッケー仕上がりになってたとは。

スゲー反省。
初めてちゃんと聴いた日から毎日ずーっと聴いてた。
前半のクラシックな部分からKinubo氏が入ってきてのラップ部分、そして従来のクラシックからは考えられないエレキのカットイン。

もう鳥肌だぜ。
TVであの姿を見て以来初めて、白鳥の湖から志村師匠のイメージが消えた。



今や松のベスト盤をと考えたら絶対外せない曲です。



ところでKinubo氏のラップで何回聴いても「イソゲマツ!」としか聴こえない部分があるんですけど。

なんて言ってんだ?
つか全体通して意味解る偉い人いたらティーチーミー♪
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
yrl
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あなたねぇ……(~_~;)あれは白鳥の湖じゃなくて東村山一丁目音頭です。
チャイコフスキーにしばかれるぞ(笑)。

教訓:食わず嫌いはよくない。
こんな美味しいもの知らなかったなんて、ねぇ?
naomi 2005/06/10(Fri)12:10:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コメント
(03/08)
(03/06)
(02/13)
(01/31)
(01/26)
忍者ポイント
忍者ブログ/[PR]

template by nt.syu-chan.net