忍者ブログ
いつかどっかに移籍して「 」3になるかもしれない....。
俺の本棚...てかCD棚
コレを聴け!見ろ!
メール

[412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

という訳で本日も松トークでいきましょう↑Heart&Soul↑

今日の選曲は「海」でございます。

地味な為に若干忘れられがちな気のするこの曲ですが俺には凄い思い入れがあります。

どんな曲にしろ好きになる理由のひとつに『自分の実体験に似ている』って言うのないですか?
「海」はズバリそんな曲なんです。

- 何をしてもうまくいかない日は無理やり君を呼んで
                        明日の仕事も忘れて海でも見に行こう -





今から数年前、俺には遠距離恋愛中の彼女がいました。
ある日の深夜、彼女が涙ながらに電話をかけてきました。内容はここで語るほどのもんじゃござんせんので割愛。

彼女の様子がいっぱいいっぱいだなと感じた俺は電話を切ると車を走らせました。
片道3時間超の彼女の家まで。

まさか本当に来るとは思ってなかった彼女は驚いてましたがそんな彼女を無理やり連れ出した俺は

「海に朝日見に行こう!」

と言いました。
海に着く頃にはちょうど日の出頃となり、水平線から昇る太陽を二人黙って見ていました。
しばしの沈黙の後彼女が

「もう大丈夫」

そう言ったので彼女を家まで送り、またもや片道3時間超の家路へとつきました。


縁なく彼女とはそれから別れてしまいましたが今でも「海」を聞くとその頃の事を思い出します。
(厳密に言えば「何もかもうまくいかない」のは彼女だったけどね。)

別に未練とかはないしあの頃に戻りたい…みたいな感傷に浸る事もない。




ただただ思い出だけどやっぱり忘れられない若き日の1ページですな。




b5d5b479.jpegちなみにあの日の海はこんな感じだった…と思ふ。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
yrl
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ふむふむ、ええ話じゃのぅ〜。
naomi 2005/06/08(Wed)12:52:40 編集
無題
ドラマみたいな話しだね〜
きっと彼女はめちゃくちゃうれしかったと思うな。

そんなに想われてみたいものだ。
mayun 2005/06/09(Thu)15:26:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
コメント
(03/08)
(03/06)
(02/13)
(01/31)
(01/26)
忍者ポイント
忍者ブログ/[PR]

template by nt.syu-chan.net