忍者ブログ
いつかどっかに移籍して「 」3になるかもしれない....。
俺の本棚...てかCD棚
コレを聴け!見ろ!
メール

[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうやら世間?に先んじて毒づいたあの件ですがあちこちで猛威を振るっております。
いくら毒づいても事実は変わりようがないし変えようもない。



続く。
最後の毒吐きにつき注意。

そんな影響力を当然俺は持ち合わしてはおらず負け犬の遠吠えにも誓い毒吐きを繰り返すのみ。
そんな最中、通勤中も移動の車中もBluem of Youth聞いてました。
特に最近はラストツアー配信もあってその動画をちょこちょこいじってたりもしてるんで101010の時並に耳に張り付いちゃってます。

聴けば聴くほど。

なんか悲しくなってきた。
あんなに好きだったこのボーカリストはどうなっちゃったんだ?
頭からその想いが離れない。

ごちゃごちゃ文句言わんとファンやめりゃいーだろと言われそうだけど、そこまで割り切れないから苦しいんだ。
だってムチャクチャ好きだったから。

まだクスリで逮捕とかの方がマシだ。
長渕だって尾崎だってマッキーだってその後も名曲を生み出してるさ。
シミケンと翔はダメだったけど(汗


ラストツアー以降増えたファンの中にはそのTVの影響からかブルームが初めてハマったミュージシャンと言う人もいた。
そのまま悠二派になった人もいた。
彼女達は今をどう感じているのだろう。

俺はまだ幸せもんだ。
surfaceは休止することもなくレーベル移籍し来月にはアルバムを発売する。楽しみこの上ない。
堂本剛のソロワークENDLI×2はもうアルバムを発売した。双方ツアーもある。
松も一足飛びではないが着実にメジャーへ近づこうとしている。今年はじっくり助走をつけてるっぽくてなんかデカイ期待をしてしまう。
恵まれんだな俺はまだ。


時々、俺の音楽遍歴を知る友人にたまに聞かれる事がある。

「あのブルームなんとかってのまだおっかけてんの?」

休止した事を伝え今はソロやってるって答える俺。
ギターでヒゲだった方は番組BGMやCMなんかにも使われててライブも楽しいぜ、と言う俺。
ボーカルの方もまーその…なかなかだぜ、とごまかすしかない俺。



この前も言ったけどもう1回言わせてくれや。もう本当に最後にするから。

好きだった事を恥じさせないでくれよ。



more'sだか萌'sだかしんないけどそんなクソみたいなもんでアンタの声を汚さないでくれよ。
頼むからツマんない存在にならないでくれよ。
30歳越えて生写真だのDVDだのそんな時代錯誤なクソアイテムないと客集められないのかよ?
いつだったか見せられたクソライブ、2度と来ないと決めたのに昨夏行ったのはアンタの写真や握手が欲しかったからじゃねーんだよ。

アンタの声が聴きたかったんだよ!忘れるには素晴らしすぎたんだよアンタの声は。




ま、いいさ。
今何を言っても、所詮負け犬の遠吠えさ。

音楽家じゃなくて音楽屋にしちまった俺たちファンが負け犬って事でいいさ。


心のどっかじゃ軽蔑してて心のどっかじゃ応援してるさ。
時間が経てばまた行くだろうさ、俺は怒りを初志貫徹出来るほど純粋じゃない。
その時に澄み渡ってたあの声が金にまみれて汚れてない事を祈ってます。



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
yrl
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
もうね、全然毒になんて感じないよ、君の言葉は。
涙出そうだよ。

君や私や、あの人やこの人、みんながこんなに怒っているのは、みんなみんなあの歌が、あの声が大好きだったからなんだよね。

〉好きだった事を恥じさせないでくれよ。

この言葉、私からも。
naomi 2006/03/21(Tue)11:34:09 編集
無題
いつもお邪魔していましたが、書き込むのは初めてで、はじめましてです。

ブルームが好きで、ユージ君の歌が好きで、声が好きで。
今回FCの件で私が感じたもやもやした感情を代弁してくれているかのような内容で、そうなの!と相槌している人がいる事を知ってほしくて。

好きだから興醒めしても割り切れなくて苦しいね。

自らいばらの道にしてしまったこの先を歌で詩で声で歩んでくれたなら私はやっぱり待つよ。
しろつめくさ 2006/03/23(Thu)14:43:20 編集
無題
しろつめくささんどうもです。
俺も概ね一緒なんです。

本文中に登場するクソライブ、そのショックを引きずったままだった俺にもう1度彼に振りむかせたのはやっぱりその歌声でした。

〜その声を忘れてしまうなんて 僕には出来ないから〜

誰かが言ってましたよね。

今まさにそんな心境ですなり。
麦茶 2006/03/24(Fri)02:03:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
例の件
ちょっと、自粛してたのですが、正直に書こうと思います。 別所ユージFCの件。 ユージファンで、今回の件「いいんじゃない?」って思う方は、きっと気分を害されると思うので見な
URL 2006/03/21(Tue)18:41:53
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コメント
(03/08)
(03/06)
(02/13)
(01/31)
(01/26)
忍者ポイント
忍者ブログ/[PR]

template by nt.syu-chan.net