忍者ブログ
いつかどっかに移籍して「 」3になるかもしれない....。
俺の本棚...てかCD棚
コレを聴け!見ろ!
メール

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近買ったDVDとこれから買うDVDの話をば。

まずはこれ。

517fXfr6KjL._SS500_.jpg

松ヶ下宏之 / Way to Happiness?Tour Final Digest Edition

松の初のフルアルバムWay to....のツアーDVDなわけですが。
まず、何なんだよDigest Editionて。

5曲入りで結構しっかりした撮影されてます。
決して盗撮に毛が生えたようなしろもんじゃござんせん。

これぐらいの規模のものって普通アルバムとかの初回特典で入れてくるレベルだと思うんだけど。
それをあえて単体で発売してくるっていうのは

嬉しいような....でも蛇の生殺しのような。
しかも1年半ほど経ってからのリリースだし謎が多いですw

でもまぁ唯一の松の映像作品ですから。
おいしく頂きましょう♪



で、ふたつめのこれからのDVD。


img_dvd.jpg

Bank Band with Greatest Artists / ap bank fes'08

Mr.Childrenの桜井さんとそのプロデューサー小林武史が中心に行われてるエコがテーマの夏フェスであるap bankをまとめたものなんだけど。
初回から数えて4回目を迎える’08ですが。

’07まではミスチルは好きだけどBank Bandに対する見方は穿ったものでした。
端的に言えば胡散臭いなーと。

エコ?環境?

なんかきれいごとくない?
そう思って興味を示さず今までは来たのですが一昨年知り合った友達に感化されついに’08に参加しました。
フェスの中身もさることながらその徹底されたエコへの姿勢に胸打たれた1日でした。

ウワサには聞いていたけどゴミが全く落ちていない芝生を見たとき言葉には表せない感動がありました。

もしも興味ある人がいたらまずはDVD見ることくらいから始めてみてはどうでしょう?
ライブだけでなくインターバル的に収録されているドキュメンタリー部分だけでも見ごたえ充分かと思います。


PR
前回の記事にてアコースティックスタイルには興味ないと言った

Bluem of Youth Tour 2009 PREMIUM ACOUSTIC STYLE 

ですが、何を俺がそんなに毛嫌いしてるかってーと。

PREMIUM

の一言。
なんかね....。言葉で煽ろうって戦略が見えてなんかゲンナリしてしまったのです。

タイトルなんて普通でいいんだよ。
PREMIUMかどうかなんてこっちで判断するよw

と。
で、以前から某たけさん辺りになんでBluemにだけは厳しい言葉が多いのか....?的な質問ぶつけられたりしたことあるんですが....。


正直、以前の休止する前の時期に何度裏切られたって気持ちで帰路についたライブがあったか....。
それが何かシコリとして残っちゃってるんです。

愛してやまない、青春時代を捧げた?と言っても過言ではないBluem of Youthだけに終盤のダラダラした進行やマンネリ一筋のセトリに何度もガッカリしたのです。


だから言葉じゃなく内容で勝負して欲しいのです。
101010のときは内容で圧倒されました。

久しぶりだったからと言えばそうかもしれないけど数年に一度のお祭りでしか真価を発揮しないんなら再始動なんかやめちまえばいい。

他に俺の好きなsurfaceもミスチルも椿屋も都度内容で圧倒されます。
セトリが一緒でもね。


そう言うものをBluemにも求めたいのです。
そしてロシアから帰国してしばらくは応えてくれてたと思う。

俺の想像、妄想なんてはるかに凌駕したプロのステージを見せてくれてた。
それがいつの間にか.....。

そして休止。

その繰り返しは見たくない。だから言葉尻がきつくなっちまうんだと思う。


愛してやまないから妥協したくないのよね。
二人が同じステージに立ってることで満足してしまったらそれ以上ないじゃない。


相変わらずの放言ぶりにムカついた方いてたらすいません。
愛情はあるつもり。

歪んでるかもしれんけどねw

とりあえずは4.24を楽しみに待ちたいなと思います。
Bluem of Youthの再始動スケジュールが地味に発表されております。

d5c47d2c.jpeg
Bluem of Youth Official SITE INFOMATION

前半がバンドスタイル、後半がアコースティックスタイルとどちらも関西は恵まれてる訳ですが、当然後半には興味がないので前半のみ行きたいなーと。

平日なので翌日の名古屋に...とも思いましたがミスチルの大阪城とかぶってるので選択の余地はないなと。
(チケットの事は一旦忘れてねw)

夏ごろうんたら言ってたけど随分早く動きだしたなー。
でも5月末くらい?にsurfaceの何かがありそうだしかぶらないのはイイことだ。



さてはて、嫁はどうする気なのでしょう?

VAIO type Pのポケットインてムリがないかい?

てな話ではなくてw
3.25に発売!となっているsurfaceの数年振りのフルサイズライブDVDですが...。
まさかの二公演分を余すことなく全曲収録とのこと!

Invitation No.6のダブルアンコールでのWAIT!はもちろんSAIKAIですら全曲収録だとか。
まさかのカバーコーナーの「愛の才能」「TOKIO」「どんなときも。」すら収録。

SONYよ。
どういうつもりだ。

まさかこれの資金回収できなかったらクビとか言うんじゃないだろうな。

豪華絢爛すぎて嬉しい通り越して恐怖を感じてしまうじゃないかw


むはー楽しみすぐる!
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コメント
(03/08)
(03/06)
(02/13)
(01/31)
(01/26)
忍者ポイント
忍者ブログ/[PR]

template by nt.syu-chan.net