忍者ブログ
いつかどっかに移籍して「 」3になるかもしれない....。
俺の本棚...てかCD棚
コレを聴け!見ろ!
メール

[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松のオフィが地味~にリニューアル。

以前ツッコミ入れてたあの部分もスッキリ公開(いや遅すぎるだろ、いくらなんでも


なのでそれに合わせて以前伏せた記事も再公開。
本来なら追記しようと思ってたんだけど今更追記したトコで誰の目にも触れない恐れがあるん+ちょっと方向性が変わったので改めて。


最近俺の周りで…と言うか良く見る音楽系雑談サイトでは

「誰それの英語はダメだ」
「彼それの発音は抜群だから」
「誰それのコード進行はイマイチ」
「彼それの…」

と結構お互いの好きなものをダメだしし合うと言う微妙な空気。
ネット上だけでなくライブに行った時にそんな話を聞かされたりもたまに。

俺は世間並みで言えば充分趣味は音楽鑑賞と言える位にCD聴いたりライブ行ってると思う(多分
偏りはあるけどね。

でも俺は英語の発音なんて無知だしコード進行なんて全くわからん。
楽譜だって読めるわけないし楽器の名前ですら時々わからんものもある。

だからそれを語れる人達を羨ましく思うと同時にかわいそうにと思うこともある。


余計な知識や情報があるからもっと単純な感動に出会えないんだろうなぁとか感じる。
その人達から言わせればお前は何にも知らない素人のクセに!とか言われそうだ(汗

でもいいんだ!
俺は素人さ!英語の発音なんて解んないしコード進行なんて全く解んない。
奏者によっちゃギターの上手い下手は解るけどそれを表現する専門用語なんて知りもしない。

それがどーした?
俺は誇り高き音楽素人。

そんな事知らなくたって音を楽しめてるさ!


俺の愛する全てのミュージシャンがそんな素人に届く音楽を作っていけるよー願ってる。
実際に届くかどうかは運もあるしバックの力も必要。

でもライブに通いつめてる追っかけやいわゆる音楽マニアにしか届かないような音楽は聴いてて悲しくなる。


ミスチルにしてもエレカシにしてもサーフィスにしてもブルームにしてもそんな気持ちをずーっと持って聴いてきた。


そしてその気持ちは松にも持ってる。
その道は険しいだろうけどその気持ちが見えなくなったら俺は去っていくだろう。
自分の事を理解しようとしてくれる人間だけに送り続けるだけなら然程難しいことじゃないだろう。
でもそれじゃぁ魅力ないんだよ。


こんなクソ素人にまで響く音を奏でてくれ!

こんなクソ素人を黙らせる素敵な音を奏でてくれ!



ちょっとそんな風に思う今日この頃なんです。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
yrl
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
同じく音楽素人です。
「そうそう」ってうなずきながら読ませてもらいました。

何かね、私も絶対音感とか持ってる人の話しを聞くと、羨ましい気持ち半分、「絶対音感なくて良かった」って気持ち半分なんだよね。

難しいことは分からない、でも、音楽を聴いて感じることは誰にだってできるんだよね。

ホント、そう言う音楽、誰にでも楽しめる音を奏でていって欲しいねー!
mayu 2006/06/14(Wed)20:38:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コメント
(03/08)
(03/06)
(02/13)
(01/31)
(01/26)
忍者ポイント
忍者ブログ/[PR]

template by nt.syu-chan.net